診察案内

その他

各種健康診断・往診・在宅診療も行っております。

経鼻内視鏡を受信される方へ

経鼻内視鏡は口からの内視鏡と違い、嘔吐反射が起きにくく、
リラックスして受診していただけます。

1.まずは受診をしていただきます。

事前に質問などございましたら、なんでもご相談下さい。
いくつか問診をさせていただきます。

2.消泡剤を飲みます。

胃の中にある'泡'を取り除いて、検査をしやすくするために、
消泡剤を飲みます。
※これは口からの内視鏡検査の場合も同じです。

3.鼻に局所血管収縮剤をスプレーします。

まず横になっていただきます。
鼻のとおりも良くするために局所血管収縮剤をスプレーします。
スプレーは風がシュッと入るような感じで、
出血をしにくくする効果もあります。
※約5分から10分間お待ちいただきます。

4.鼻膣に麻酔薬を注入します。

ゼリー状の麻酔を鼻膣に注入します。局所麻酔ですから眠くなりません。 麻酔がのどまで入ってきたら、飲み込んで下さい。
多少のどに違和感を感じる場合がございます。
※約5分から10分間お待ちいただきます。

5.鼻膣に麻酔薬を塗った'やわらかい'チューブを挿入します。

内視鏡を入れる前に、同じ太さのやわらかいチューブを挿入して、
鼻膣の局部麻酔を行います。
鼻膣の痛みが抑えられ、内視鏡が通りやすくなります。
※そのまま約10分間お待ちいただきます。

6.鼻から内視鏡を通し、胃の中を検査します。

いよいよ検査に入ります。内視鏡を鼻から挿入します。
違和感はありますが、鼻膣に痛みを感じることは殆どありません。
モニターを見ながら、患者さんご自信の目で様子を確認しながら、
質問なども出来ます。
※検査は約10〜15分位お時間をいただきます。

7.検査終了です。すぐに日常生活にもどれます。

眠くなる麻酔は使用しませんので、検査後すぐに日常生活に戻れます。
※但し、検査後の食事・運転の可否は、先生の指示に従って下さい。

よこやま内科小児科クリニックフッター画像